Blogブログ

年齢による髪質の変化とヘアケア5つのポイント

いつもご来店ありがとうございます。
完全個室の美容室 恵比寿mauveです。

今までたくさんのお客様の髪質を見てきたなかで印象的なのは
お子様の髪質は髪の1本1本が太くてしっかりしていたことです。

髪質は年代によって変化しやすくなります。
同様に実感されている方も多いと思います。

髪の毛は加齢とともに1本1本が細くなって髪のハリやコシがなくなってきます。

一般的に、
20代は女性ホルモンの分泌量がもっとも盛んな時期で、髪の毛のハリやコシが十分に出ている時期と言われています。
30代では髪の毛の乾燥や癖が気になるようになり、
40代、50代ではボリュームが出にくくなり、
60代以上では頭皮の乾燥も気になるようです。
変化の度合いはお客様それぞれですが、年代ごとにこのようなご相談を受けることが多いです。
その場合は、頭皮の毛母細胞に栄養がわたり、髪の毛を成長させる頭皮のケアを意識していただくことをおすすめしています。

美容室でのヘッドスパもおすすめですが、ご自宅でのシャンプーにも気をつけていただきたいです。

・髪質にあったシャンプーを選んでいますか?
(頭皮がかゆくなるようなら使用し続けるのはおすすめできません)

・その後しっかりシャンプーを流せてますか?
(シャンプーが地肌に残っているとかゆみの原因になります)

・トリートメントは毛先につけていますか?
(同じ理由)

・熱すぎるお湯で流してませんか?
(お湯の脱脂効果で頭皮が乾燥するため)

・ぬれたままの状態で放置してませんか?
(頭皮の雑菌が増える、髪のキューティクルが開いたままになる、髪が摩擦で切れやすくなる)

など日頃のお手入れを少し意識するだけで違ってきます。
そして頭皮をご自分で揉んでマッサージすると血行促進できておすすめです!

その他にもお悩みがありましたら、ご相談おまちしております。

関連記事

Blog