Blogブログ

カラーリンスって何?

みなさんこんにちは~!!

最近、CMでもよく見かけるカラーリンスとはいったいどういうものなのでしょうか。

シャンプーの後にリンス感覚で使用できヘアマニキュアに分類されています。

染まり具合は酸性、アルカリ性を示すPH値で決まります。

他にもカラークリーム、カラーバターなどいろいろな呼び方はありますが中身は似たような物です。

セルフカラーとしては使い方が簡単でトリートメント配合なので自分でカラーしても失敗が少ないようですね。

カラーした後のきしみが少なく手触りがいい状態が保てるのが魅力的ですね♪

しかし、色持ちが1〜2週間しか持たないのが難点です。

白髪も染まりにくく、あくまでも継続して色を重ねていくイメージですので1回染めただけでは希望の染まり具合にならない事が多いです。

髪の色を明るくする作用はありませんので、黒髪やダークブラウンの髪では変化がありません。

少量の白髪染めやブリーチなどで明るくした髪に色を入れて発色のいいヘアカラーを楽しむ使い方が向いているようです。

しかし、カラーリンスしている髪を美容室でヘアカラーすると均等に染まらない場合があり、希望の色味、発色、明るさにならない場合がありますのでご注意ください。

関連記事