Blogブログ
  • HOME
  • ブログ
  • オーガニック認証とオーガニック成分配合の違いは?

オーガニック認証とオーガニック成分配合の違いは?

オーガニック認証とオーガニック成分配合の違いは国際的な第三者機関の認定を受けているか各ブランドの独自のガイドラインで「オーガニック」と読んでいるかの違いです。

ちなみに日本のオーガニック認定機関は農林水産省の有機JAS認定は「食品」に対してのみですので、コスメなどの場合はあてはまりません。

そもそもオーガニックって?

オーガニックを直訳すると、「有機の」といった意味になります。有機栽培で作られた植物を使った製品を、 「オーガニック○○」とそうして呼びます。

有機栽培というのは、化学肥料を使わずに、また遺伝子操作をせずに作る農法です。無農薬で作られた植物を、 単に「オーガニック」ということは出来ますが、それを証明するためには、第三者機関の認定を受けなければなりません。

オーガニック認証商品とは 

 ・第三者機関の厳格な基準をクリアし、オーガニック認証を取得している  

 ・厳格な基準により定められたオーガニック原料を配合している

 ・石油由来成分の配合は原則禁止

オーガニック成分配合とは  

 ・自社基準で自由にうたえる 

 ・オーガニック認定成分を一部に配合

 ・石油由来成分の配合は自由

オーガニックコスメ・世界の認定基準とは

世界各国で、「オーガニックであると証明する」機関がたくさんあります。 とても厳しい基準をクリアするには、とても大変であるにもかかわらず、 多くのオーガニックコスメブランドが認定されています。

ECOCERT(エコサート/エコセール)認証

ECOCERT(エコサート)とは、 1991年に農学者の団体によってフランスで設立された、国際有機認定機関。

有機栽培業者と加工業者を対象としています。

フランス・トゥールーズを中心に活動を行っており、認証を行っている国は50カ国以上、認証件数は35,000件以上とも言われています。

オーガニック認証団体の世界基準ともいわれている認知度の高いオーガニック認定です。

ソイル・アソシエーション認証

「Soil Association(ソイル・アソシエーション)」は、 1946年にイギリスにて設立された、有機農産物の検査・認証の第三者機関。

約すと【英国土壌協会】となります。

 イギリスでは、第二次世界大戦の後、荒れ果てた農地・土壌の悪化を重く見た当時の人々によって設立されました。

BDIH認証

2000年にドイツで作られた自然化粧品の認定ガイドライン

1996年、世界の19のメーカーが集まって、  「コントロールドナチュラル・コスメティック」という  新しい自然化粧品のガイドラインがつくられました

エココントロール認証

安全性、エコロジカル、効果を持った製品に与えられる認証。

ドイツを代表するエコメーカーが中心となりガイドラインを制定しています。

1078826_0

当店取扱いのブランド「エッセンシティ」に配合されている全てのオーガニック成分はこれらの認定をうけたものになります。

ヘアカラーについて初めてされる方にはパッチテストをおすすめしています。

また、シャンプー剤などご自分の合うか不安な場合はご自身で使用しているものを持参して頂くことも可能です。

お気軽にご相談くださいませ(^^)

 

関連記事